k_17g's warp 3

k17g.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 19日

Yamandu Costa at Ebisu Spazio 2

b0007258_18295267.jpg

2006年11月18日に行っているようです。

以下当時のmixiでの日記。

tokioさんとYamandu Costaライヴへ。
恵比寿Spazio 2なるホールにて。
レコーデイングスタジオ併設。
家具のCassinaの建物みたい。

7弦アコギ二本使用。
口笛もあり。
凄かった。
ブラジル人恐るべし。
クラシックというかショーロがテクニック的な基本にあるんだろうけど、こういう人達って最初っから弾けちゃうんでしょうね。
3曲目まで飛ばしまくり。

4曲目からスローな曲に。
いい演奏を聞いたときの常でちょっと眠くなる。

観客と一緒に歌う曲も。

なんかブラジル好きな日本人がお客に多いようで。
ポルトガル語のMCで笑ってました。。。

やはり次世代Baden Powellとなるのか?
今度はb,drとのトリオで来日して欲しい。

you tubeで検索すると色々出てきます。
でもギターの音色の使い分けとかは感じ取れないよね、この音じゃ。


終演後は恵比寿で着流しのゲイっぽい店員二人の飲み屋へ。
なんかロック+ビッグバンドのシンガーのライヴ映像流れてたけど、音聞こえないし誰だかわからず。
drはSimon Phillipsだった。バンダナ着用期でイギリス時代だと思うが。

帰宅後思わずインスタントラーメン食べたりしてたら2時頃に。
朝辛かった。
半日ちょいで仕事終了後昼寝。
さっき起きた。
まだ眠い。
春はまだかな…




こりゃー確かに凄かったです。
テクニックも凄いがそれを越えた部分でも。
いや、超えたというと語弊があるかもしれない。
ってどう弾いてんのかもよく分からんわたくしが言うのもなんだが。

天才という言葉は使いたくないが、
ひらめき、集中力の高さとその持続、といった意味合いで常人には測り知れない世界かも。

3曲目はフラメンコに影響を受けた曲だとかいってた覚えが。
それ風にボディ叩いたりも。

ルックス的にはちょっと厳しいです。
太っちょ。
好感の持てる太り方ではなく、なんかだらしなく太ってました。
何食ってんだろ?

リズム隊従えて来日したらまた行きたいと思います。
ベースもやりたい放題やってるようです。
[PR]

by k_17g | 2006-11-19 18:31 | ライヴ観戦記


<< Buzz Feiten wit...      Niacin at Blue ... >>